ビジネス英語トレーナー・そのはたちえこです。ビジネスパーソンを対象に、コーチング手法を使ってビジネス英語を教える仕事をしています。

英語 英会話
画像はイメージです
 私は、仕事柄、社会人で「英語が話せない」人の話をうかがう機会が多いのですが、その多くが英語習得について2つの誤解をしています。1つは「学習時間」についての誤解で、もうひとつは「学習の質」についての誤解です。それでは順を追って説明していきましょう。

英語の「学習時間」についての誤解

 まず、私がお話をうかがう多くの方が、仕事で英語を使う必要のある方たちです。そして、みなさん、これまで全く何もしていないわけではなく、英会話スクールや、オンライン英会話、英語教材など、あれこれ試した割には、英語がしゃべれるようになっていない、と言われています

「あれこれやっていますが、いつになったら話せるようになるのでしょう?」
「いったいあと何時間勉強すればいいのですか?」

 なんて、嘆きに近い悩みをうかがうこともあります。ところで、みなさんは日本人が英語を習得するのに必要な時間」をご存知でしょうか?

日本人が英語を習得するには2200時間必要?

英語 謝罪 ビジネス

 実は、2200時間以上、と言われています。
 アメリカ国務省のFSI(外務職員局)のウェブサイトに出ている研修プログラムの情報で、アメリカ人(英語のネイティブ)が、日本語を習得するのにかかる時間」=2200時間の授業を受けること、なのだそうです。裏返すと、私たち「日本語ネイティブ」が、英語を話せるようになるのにも、「2200時間」くらいかかるのではないか、と言えますね。

 では、あなたは今までにどのくらい英語学習に時間を費やしてきたでしょうか? 中学、高校の授業の時間と、予習、復習を真面目にやった、としても、せいぜい1200~1500時間です。大学受験で一生懸命勉強した、という人でも、英語だけで「2200時間」に到達している人はほとんどいないのではないでしょうか。

 つまり、多くの日本人は、社会人になった時点で、圧倒的に「学習時間」が足りていないのではないか?ということです。上記の通りなら、多くの人は5001000時間くらい学習が不足している、ということになります。

私がTOEIC専門スクールで学んだ結果

 実際、私自身も、学生時代は学校の授業にプラスアルファくらいしか勉強しておらず、社会人になってから英語をやり直した口です。27歳の時に、とあるきっかけがあって「外資系へ転職しよう」と決めて、TOEIC専門のスクールで徹底的に勉強しなおしました。

 そこで、約2年間、毎週5時間の英語で行われる授業に出て、毎日1時間ほど宿題をこなしました。つまり、2年で1000時間、集中的に英語を勉強しました。ここで、私は「2200時間」を突破することができたのです。

 日本人で英語の得意な人や話せる人の話を聞くと、皆さん人生のどこかで「英語漬け」になっています。留学していた人もいれば、国内で自分で勉強した人もいます。

 もし、あなたが学生時代以来あまり英語に触れていない状態だとしたら、少なくとも500100時間程度は英語を集中的にやる必要がある、ということなのです

英語学習の「質」についての誤解

英語

 さて、先に「時間が足りない」という話をしましたが、次は「質」についてです。あなたの英語学習は、質の高い時間の使い方になっているでしょうか?

 相談者に「今まで、どんな勉強をしてきましたか?」と尋ねると、たいていは英語教材(本)、アプリ英会話スクールオンライン英会話など、あれこれトライしています。そのこと自体はいいのですが、はたして、英語に取り組む「順序」と「学習の質」は、どうでしょうか?

「英語を話せるようになりたい!」と思った時、多くの人がすぐに思いつくのは、やはり「英会話」です。ビジネスパーソンオンライン英会話に取り組んでいる人もたくさんいらっしゃると思います。

 ですが、大人になってから英語をやり直したい、という人が最初に取り組むべき勉強法は、実は「英会話」ではありません。

英会話ではなく、何を学ぶべきか?

 英会話をするには、相手の言っていることがわかり(=リスニング、文法力)、それを判断して、自分の言いたいことが言える力(=ライティング、文法、発音)ができること、というのが大前提になるのです。

 多くのオンライン英会話は「1レッスン25分」ですね。仮にこれを30分だとみなしたとしても、500時間に到達するには1000回、レッスンを受けなくてはなりません。それだけでも気が遠くなるような時間が必要になります。しかも、相手の言っていることが理解できる力がない状態、自分の言いたいことが言える力がない状態で、どんなに頑張ってオンライン英会話1000時間費やしても、無駄になるかもしれません。

英会話」はアウトプットの場です。先にインプットしたものがなくてはアウトプットはできませんね。

 私は、自分のクライアントさんには「まずは中学レベルの英文法をしっかりやり直すこと」をお勧めしています。中学レベルの文法を復習する際に、よく出てくる「文法用語」もおさらいしておきましょう。「形容詞と副詞って、何が違うんだっけ?」「動名詞と不定詞の使い分けは?」というような文法用語です

忙しい社会人が英語を勉強するには?

そのはたちえこ
ビジネス英語トレーナー・そのはたちえこ氏
 中学生の頃はあいまいな理解だったことも、大人になってからだとすんなり理解できることもあります。実際、私が関わったクライアントの多くは「確かにこういうことを習った気がするけど、今回やり直すまで、すっかり忘れていました」「うろ覚えだったことがクリアになりました」と言われる人が多いです。

 文法用語を覚えておくと、何か調べたいときにその単語、単語ごとに調べるのではなく、「動名詞 不定詞 違い」のようにより幅広い検索ができるようになり、学習効率が一気に上がります。

 忙しい社会人が、これから500時間、1000時間を英語に費やすのならば、まずは文法、語彙力で基礎を固めながらリスニング、リーディングに取り組み、ライティング、発音、最後にスピーキング、つまり英会話が“王道ルート”と言えます

 英語に触れるのが初めての子供の学習と違って、大人は、そもそも知らない単語は聞こえませんし、書くことができないものは話せないのです。さて、あなたは英語が話せるようになるだけの「時間」と「質」をクリアできているでしょうか?

TEXTビジネス英語トレーナー そのはたちえこ>

【そのはたちえこ】

ビジネス英語トレーナー。外資系企業でのマネジメント経験を活かした、現場目線でのビジネス英語講座が好評。モットーは「ビジネス英語は、"中学英語+αで十分!"」。2021年より株式会社マーケティングフルサポートにて「オンライン英語コーチの学校」の講師を担当



(出典 news.nicovideo.jp)

コックニー 河口域英語 スコットランド英語 アイルランド英語 ウェールズ英語 オーストラリア英語 ニュージーランド英語 カナダ英語 アメリカ英語 南部アメリカ英語 フィリピン英語 ジャマイカ英語 インド英語 南アフリカ英語 コングリッシュ シングリッシュ 航空英語 黒人英語 ベーシック英語 スペシャル・イングリッシュ
39キロバイト (5,454 語) - 2021年9月11日 (土) 09:56


言葉は、興味と必要性だと思うが・・・。
勉強しても、無理だな!とはじめから思ってる。

<このニュースへのネットの反応>

確かに学習時間が大いに越したことは無い。しかし、会話は聞いて学ばないと上達出来ないのも事実、ただけねんするのは、ここまでして英語教育は必須とする意図が謎だね。確かに国際社会を円滑にする利点はあるだろうけど・・・


英語圏に放り込め。 生きるために必要だと判断できるヤツなら習得する。


そもそも日本語は英語と文法が違い過ぎる。中国人が英語覚える方が、文法を意識しないでも単語置き換えるだけで通じるからよっぽど楽。例:I love you. 我愛迩 ←SVO体系で同じ


モットーは「ビジネス英語は、"中学英語+αで十分!"」<->2000時間やれ。2コマで落とすな落とすな


日本の英語教育は「英語が読めること」を目的としてるのに、アホほど英会話ガーって言うよね。そりゃできるわけないよしてないのに。それに留学生も海外勤務も旅行者も普通にいるように会話を学べば特別弱い民族ではない。


語学と話術の差でしょ。ひどい言い方をすると伝達術の上手い詐欺師なら、言語関係なくジェスチャーで押し通せるからね。日本人は生真面目なのか、正確な文法に気を遣いすぎなんだよ。正確であるに越したことはないけれど。


話せるようになりたいなら、会話文をひたすら正確に発音できるように特訓するといい。単語、正しい文法はその中に含まれているから意識しなくていい。


そもそも誰と何を話すが頭ン中で決まってないからじゃないの?


そんな小難しい話じゃないよ。使わないから使えないままなんだ


日本で暮らす上で必要ないもんな。受験用に頑張りはするけど大学も日本語で授業受けられるし。海外に行く、海外で仕事するとか生きるために必要ならみんな覚える


すでにコメントされているけど、学習方法うんぬんの前に、必要に迫られていないとダメよね。語学に限らず、身に付くものってのは、生きるために必要なことだけなんよ。


日本は翻訳機の開発を頑張ろう!


その国の幼い子供と同じ事すりゃスグよスグ。言語の勉強には幼児番組最強よ


そもそもだけど、海外に行きたいって事がないから喋りたいと思わない。いくら海外の方が稼げる場所があっても銃と隣り合わせの生活は嫌だし治安と衛生面、政情、内紛、戦乱の無さが日本並みかそれ以上の国ってほぼほぼないだろ


外人が日本に来て、日本語(読み書き両方な)の習得率がさも高いような記事書くの止めろ


ボイチャであっちのksgkをキレさせる程度に喚ければ、会話はどうにでもなるやろ


日本語が逆に広まらないのは、白人主義と中韓の妨害だよ


そんな難しい理由ではなくて日本で暮らしてる内は英語など覚えなくてもなんの不自由もないからってだけ、生きていくのに必要な環境なら日本人でも英語を覚える


英語の授業と同じような密度と、それ以上に現代の日本語に関連が深い古典古語を日本人なら履修するけどさ、能狂言師や歌舞伎俳優みたく当時の古語で会話出来るようになる奴ほとんど居ないだろ?それと同じで「日常的に使わない」からだろ。


イリノイで運転免許の試験(筆記と実技)受かったけど、20年も経つと英会話を忘れてしまうもんだよ…


使わないから覚えないのはそうなんだけど、単語を覚えるのがそもそも苦手だったわ 例えば林檎=appleだけど、appに林檎の意味合いが含まれるわけでもなくappleって全部揃わなきゃ林檎にならないってのが自分の覚え方と全くかみ合わなかった


「日本人が英語ができないのは本気を出してないから!キリッ」とか言ってる人に悪いけど、残念ながらアメリカ公式でも「世界で最も英語が苦手なのは日本人」と言われてるんですわ。言語構造が違いすぎるから。


英語を使うには「聞く」と「言う」が必要だけど、英語の授業は「書く」と「読む」ばかりだしな・・・。


だって必要な場が無いしな。もっとグローバルにやってく必要が無いと、覚えても抜けてくだけだし。そもそも言語が違いすぎてバカな俺には無理だろうなあw


まんま日本語も同じだけどな。最近、何しゃべってんのかわからない人が多過ぎて、そもそも語学以前の問題、核にある別の学習が大切だと僕は思うよ。じゃないと語学なんて何の役にも立ちはせんし


会話が苦手っていうコミュ障と同じ問題のように思う。 できるできないではなくてグラデーションの問題なので、日常会話レベルできてれば良いと思うよ。 あと会話は正しいことよりも伝わることの方が大事なので、文法そんなに気にするよりも、伝えたい意図をどのようにすれば伝わるかって視点で考えた方がみにつきやすい。 伝える技術は理論よりも実践しつつ改善するのが良い。


そもそもの日本語がまともじゃない奴増えたからなぁ英語がどうこう以前の問題なんじゃないだろうか やはり母国語をおろそかにしてたら他の言葉なんて使いようがないと思うが


個人的に外国人とネットで頻繁にやり取りしてるけど翻訳機能が優秀になりすぎて英語が上達しないw


日本で暮らすなら話せる必要ないからな受験用でしか使わないから会話が不要すぎる。海外で暮らすとか特定の職に就かないとまじでいらない